しまわれていた風景

イメージ 1

40日間夏休みの真ん中

真緑の柿の樹、少し匂ってかゆくなる麦藁帽子

セミの声、稲の香り、暑さをギリギリ我慢できるクーラーレス。やわらかい畳。
蚊取り線香にがんばってもらいながら、網戸も開放。
遠くの景色まで一体化する部屋。
隣の部屋から高校野球の実況。

イメージ 2

しばらくすると、冷えた瓶入り三ツ矢サイダーと、サイダーグラス、
塩を振りかけた、自家栽培のそんなに甘くないスイカ
をじいちゃんが運んで来てくれるんだよな。

イメージ 3

ん?違う!甘過ぎる!
今日のスイカは、お店で買った、甘いスイカ
はっと現実に戻って、壁の、遺影の写真を観ます。

イメージ 4

なぜ?あなたがたは、写真の中にいるのか。

イカ自体、数年ぶりです。
こんな日しか、もう食べなくなったな。

何十年も前にしまわれたままになっていた記憶が、
当時と変わらない、光や、音、香りに刺激されて、
一気にあふれ出します。
リアルタイム小学生時の気分があまりにも正確に復刻されて、
戸惑います。

俺、いつの間に、こんな年に。
じいちゃん、ばあちゃんが遺影の写真の中だけにいることが
改めて、あまりにも違和感です。

そうそう、
小学校の頃って、明日どうなる、来年どうなるとか、
そんなせせこましい事は何一つ考えてなかったよな。
いや、それは、守られていたから?


古里があること、維持すること、「帰省」の本当の価値が
ようやくわかるような歳になったなと。


人類共通の財産とかそういうのではなくて、
その人個人個人にとって、特別な風景ってありますよね。
他人には、全く意味のないものでも、
本人にとって価値が有り続ける限り、どうしても残しておきたいモノがあります。

むしろ、そういうモノの方が、
誰もが認める、世界の絶景よりはるかに価値がある気がします。