50年超! マルシンハンバーグというある意味「ジャンル」

イメージ 1

いつか食べようと思いながらも
微妙に高いのがこの「マルシンハンバーグ

\10引きのこのタイミングに今だ!と
飛びつきます。
本当は3個ぐらい一気に食べたかったのですが、
裏面のカロリーを見て愕然

イメージ 2

えっ!これ、こんな小さいのに、
一個214kcalなのかよ!!
二個でカップめん越すヤン・・・

う~~~ん、2個で我慢しよう。

イメージ 3

タップリピーマン+オニオンで、トッピングは
濃厚チーズ。

ラストは料理酒で蒸し焼きにして、
フタを明けてレモン100%ジュースを一振り。
タバスコと、ケチャップで仕上げて出来上がり。

チープながら懐かしい味。
遠足の日の弁当のおかず!
昭和の味。

ハンバーグは肉汁タップリの、高級も美味いですし、
マクドのつなぎ無しのビーフ100%もうまい。
でも、このマルシンハンバーグのシンプルな、
かまぼこ的な味もたまには捨てがたいですね。

魚肉ハムを使ったハムカツでないとダメ!というのと
同じノリで、マルシンハンバーグという1ジャンルかと。

定期的に買って楽しむのもアリかな。
コイツを、イングリッシュマフィンにレタスとチーズで
はさんで食うのもよさそうだな。