100分de名著 カント 永遠平和のために

イメージ 1

ギリギリまだ、11月だというのに、
あっという間に、バイク移動はダウンしか無理な季節に!
まだ、カイロを始動させていませんが、真冬の片道1h運転は、
初めての体験なので、体力的に耐えれるのか少し不安です・・・多分、
足先が冷たくてやばそう。
何か対策を考えなきゃな。

このところ、自分の職種的には最も忙しい時期で、週1の休日を
どう活用するかで、一週間乗り切れるかどうかが決まります。

平日に出来ない事・・・大量のシャツのアイロンがけだの
部屋の大掃除だのだけでなく、知的栄養分の吸収、遊び、うまいもの、買い物
ついつい欲張ってしまいますね。

年末は仕事納めまでラストスパートでグロイ忙しさになりますし、
年末年始は、1/2の大イベントのために、
おそらく家にこもりっぱなしで、授業準備onlyなるはず。

今のうちに、仕事外の体験をいっぱいしとかないと、
知識やテンションがやせますからね。

ラン、フロを終えて、ライヤーゲームの再放送をみながら魚肉ソーセージカレーを
ゆっくり食べます。
深夜2時ごろから、100分de名著の「カント 永久平和のために」を深夜4時まで
かけてイッキ観。コタツにハイって、72%カカオチョコをぱくつきながら、
ダラダラとw
どうせ、寝れないならと、
おなじく深夜6時ごろまでかけて、
100分de名著の「道元」も見ましたが、こちらは、あんまりピンと来ず、
ゴマオツとドリスピをしながら流し観w
やっと眠くなって、昼間で寝てました。
昼夜逆転をなおすというのは、2016年の私的課題のひとつだったのですが、
身体と心に悪いの分かっててなおせんかったな。この生活・・・
習慣化のきっかけがほしいな。今晩、意地でも早く寝るか!!

カント先生より

人間は、そもそも、ほっておいたら、元々争いがち。解決方法として・・・


一つの理想の思想だけの、世界統一国家を目指すのは余計にダメ。結局内戦になる。
少数意見、反対意見等、色々いるのからよい。
ルールを決める人と、守る人は絶対分けるべき。ただし、
ルールを決める人を決めるのは、守る人達。

日常生活と照らしあわしてみて、色々と、なるほどなと。

少しの不満を全員が常に持っている状態こそが、最も幸せの正解に近いんですね。
これは、僕も、この数年、体感として味わって、結論付けてきたことです。

例えば、死刑廃止論の是非なんかも、
死刑はやめるべき、いや、あるべき、というのを、ずっと議論し続けていて、
答えが出ない、で、たまに死刑が執行されて、皆が良心の呵責に悩む繰り返し
「こそ」が、人間という種の出した最適解なんだろうなと。


企業のブラック化問題もそう。
ブラックをすっぱり辞めたら仕事が成り立たない!だからといって、開き直って、
ブラックを必要悪、いやなら辞めろよな!などと肯定するのではなく、
なおすべき課題だと、理解していて、でも、なかなかうまくいかないと、
悩み続けている行為、態度維持「こそ」が重要なんですね。


そろそろ、最大の理不尽、命の終末の自分なりのイメージを考え始めようかと。
まずは、年老い始めた、自分の両親との別れだな。
当然、まだ、未知の経験なので、どんな結論をだせるかな。

こういうのは、日常生活で起きる悩みや問題意識があるからこそ
楽しめる思考ゲームであって、そういう体験がない状態で、
知識だけ天下りで浴びても、ふ~んなんだな。
年の功だw